上質なワインに魅かれ合うよう、創作料理や化粧だらけのお料理はお出ししません。

古典を重視した『伝統と革新 そして、邂逅』がテーマです。